生命保険は必要なのか

生命保険など、はたして必要なのか

そう考えた事のある方は、少なくは無いだろう

なぜ必要なのか、生命保険の他に方法はないのか、などを考えてみたいと思います

生命保険が必要な理由

生命保険が必要な理由としては、経済的な補填と精神面での安心がある

経済的な補填

例えば、夫婦と幼い子供2人の、4人家族で、働いているのは、夫のみとします

この場合、夫が事故や病気で亡くなった場合、この家族が生活ができないことになる

この亡くなった夫の代わりに、経済的な補填をしてくれるのが生命保険である

精神的な安心

経済的な補填が、あってこそのものだが、精神的に安定するのも事実である

生命保険がなければ、そこで収入が途切れる事になる

経済的な問題が出てくれば、家族の生活に、子の将来と不安ばかり、精神的に追いつめられてしまう

保障を準備する方法

生命保険に加入する事が、本来の目的ではない事をしっかり認識しよう

必要な保障を準備することが生命保険の本当の意味である

その準備そする方法をあげる

貯蓄で準備する

金融機関の預金、タンス預金など、自身でお金を貯めていく方法

現在の日本の金融機関の金利では、増えることは無いかもしれないが、大きく減らすことは無いだろう

保証を準備するという点では、今の生活費を、もう一つ準備することになる

例えば、月々生活費20万円とするならば、20万円 ✕ 12ヶ月 ✕ 年数 となる

上記の例で、夫35歳で4人家族だとしよう、定年が60歳とするのであれば、25年分のお金を貯蓄で準備しておく必要がある

20万円 ✕ 12ヶ月 ✕ 25年 = 6000万円

これを踏まえると、4人家族で生活しながら、6000万の貯蓄があれば良いことになる

夫が、22歳から働きだしたとして、毎年460万の貯蓄をすれば、35歳で6000万の貯蓄が出来る

ただ現実的に考えて、貯蓄で必要な保障を準備するのは不可能だろう

その他で準備する

株式などの証券、不動産などの資産運用で準備する方法がある

いわゆるハイリスクハイリターンと言われるもの

確実性に欠けるかもしれないが、大きく資産を増やすには良い方法である

それなりの金融知識、経済状況などを踏まえた上で、やり方を覚える必要がある

ハイリスクと耳にした時点で、保障を準備するには、向かないであろう…と考える方が多いのが普通だろう

ただし、必要な保障分の、お金を得ることができれば、とても良い方法であることは間違いない

これ以上に、資産を増やす方法はないだろう

生命保険で準備する

月々数千円の保険料(掛け金)で、数千万円の保証が準備できるのが生命保険

「貯蓄で準備する」のように、年間に数百万の貯蓄をする必要もないし、万が一の時に、貯蓄を数千万持っておく必要もない

「その他で準備する」のように、高いリスクを考える必要もない

保障を準備するのに最適なのが、生命保険だというのは、言うまでもない

必要性に疑問を感じるところ

保障を準備するのに最適なのが、生命保険だというのは、理解できたとしても、必要性に疑問を感じている理由を探してみる

掛け金が高い

まずは、これが挙げられる

生命保険の掛け金(保険料)は、被保険者の年齢に対して決まる

年齢が高ければ高いほど、掛け金も高くなるのが普通

若い時に生命保険に加入すれば、安く抑えられるのである

自動更新があるので、掛け金が高いと感じるのである

生命保険の更新

よくわからない

これが本当の理由だと思う

必要性だとか言うよりも、生命保険が、よくわからない

ほとんどの方が、そうだろう

自身が加入している生命保険が、どういうものか説明できる方は、多くないはず

いや、そんなものである「生命保険なんて」というのが本当のところだろう

使うときは、死を迎えた時なのも、よくわからない理由である

これこそ、必要性に疑問を感じる本当の理由なのです

だからこそ、自分が亡くなった時の事をイメージして、家族など大切な方々の、その後の生活を考えてみてください

「よくわからない」なんて、言えなくなります

生命保険は必要なのか

答えは、簡単。必要です。

基本的な仕組みを知らないから、掛け金が高くなるから、必要性に疑問を感じてしまいます

大切な方のために、必要最低限のものを、準備することが必要なのです

あわせて読みたい

生命保険会社の年金保険

生命保険会社の年金保険は預金よりメリットが有る

保険料の払込方法|経路

毎回の支払い方法について

契約転換制度

生命保険の下取りみたいなもの

生命保険の終身タイプ

保険期間が一生涯の生命保険