ガン保険の通院給付金

通院給付金

ただ、通院するだけで、給付金が受け取れるのであれば良いのですが、なかなかそうはいきません

病気やケガでの入院後の、その治療のための通院であれば給付金が受け取れるのが、通院給付金です

入院後の通院というのが条件ですね

入院の保険

入院に対しての保険、医療保険やガン保険、生活習慣病保険など…

基本は、該当する病気もしくはケガに対して入院した場合に給付金を受け取るものです

手術も基本として付いてる保険が多いです

退院特約、通院特約などは、なかなか付けない方が多いのも現状でしょう

余裕があれば付加するというようなイメージが大きいようです

基本は、入院に対して給付金を受け取るもの

その入院に関する、退院・通院…です

ですので、まずは、しっかりとした入院に対する保障から考えましょう

通院給付金は必要か

病気やケガでも、リハビリ等が必要な場合もあるかもしれませんが、仕事をされている方は、なかなか通院できないのが現状ではないでしょうか。

正直なところ、通院しなくても大丈夫と思ってしまえば、なかなか病院には行きません

掛け金の問題

医療保険やガン保険に、通院特約を付けると、当然ですが、掛け金が高くなります

もちろん、掛け金は安いほうが嬉しいですが、保障を準備する意味を考えると手厚くする方が良いです

無理をして、通院特約を付ける必要はありません

掛け金を、支払えなくなることほど、もったいない事はありません

掛け金だけを気にしすぎて、意味の無い保障を準備するのは、もっとかもしれません

難しいところですが、適正な保障を、継続して支払えるものを洗濯する必要があります

絶対に必要なもの、妥協して良いものを、あなたの中で、もしくは家族で決めることです

ガン保険に限って言えば

通院給付金は、必須かもしれません

ガンの治療は、入院・手術だけで終わりという訳には行きません

入院、手術、退院後も、再発の心配が頭をよぎります

多くの場合は放射線治療を行いますし、場合によっては、抗がん剤治療なども必要になってくるでしょう

と言うことは、いずれにせよ通院することになるのです

「もしも」の備えです

もちろん、ガンにはならない‥なんて考える人もおおいでしょう

ですが、日本では、3人に1人がガンを患い無くなるのも現状です

掛け金の問題は大いにあるでしょう

しかし、ガン保険については、もうひとつ手厚くする事が、もしもガンになった場合、経済的な恩恵は計り知れません

出来る範囲で大丈夫です

少しだけ保障を手厚くすることが安心に繋がります

検討材料のひとつにどうぞ

あわせて読みたい

健康告知の重要性

生命保険の保険契約には、告知が必要

貯蓄性の有無

貯蓄型の生命保険は良いのか?

生命保険の損とは何か?

なぜ生命保険は損だと思うのか

がん保険って必要なのか?

保険会社から入る保険で一番役に立つかもしれない