生命保険の損とは何か?

はたして、損とは

生命保険は、何だかムズカシイ

生命保険は、嫌い

生命保険は 損

でも、何かしら生命保険に入ってる…これが、多くの方の現状

あなたも、その一人ですか

なぜ、難しくて損してまで、嫌いな生命保険に入るのか…全く理解できません

そんな事なら、辞めてしまえばいいのにと、いつも思ってしまいます

ナゼ、辞めないのでしょう

それは、どうしても必要だからです

何だかんだ言っても、生命保険の保障内容は、生命保険で準備するのが一番効率が良いわけで、貯蓄で準備するのは不可能です

それは、理解できますよね

もし、一家の大黒柱が亡くなった時、貯蓄で生命保険金の金額を用意できますか?

何千万円もの金額になります

冗談じゃないですね

だから、生命保険に入るんです

だから、辞めないんです

生命保険は、損か得か

掛け金を支払うという、損得勘定だけで言えば、それは間違いなく、損です

「それだけ」で言えば

ただ、残念ながら、生命保険に加入して早ぐに、生命保険金を受取る事態になった時、生命保険は損か得かと言った時、間違いなく「得」です

「それだけ」で言えば

上記の場合で、生命保険に入ってなかったと考えると、どうでしょう

ゾッとしませんか

生命保険は、損か得か。この考え自体がダメなのかなぁ…とつくづく思います

金銭面で「得」をすることは、万が一の事態が起きた時の経済的な救済の意味です

生命保険の 何が「損」か

何だか損ばかりだと思ってしまいますが、そんな生命保険も出来るだけ「損」を減らす事は出来ます

まずは、何が損と思うのかを明確にする事です

あなたが損と思うことは、他の人は損と思わないかもしれません

ここが、生命保険の面白いところで、「損」は、それぞれの感じ方があるのです

例えば、貯蓄型かそうでないか(掛け捨て)でも、どちらが損かなんて人それぞれ

「払った分は、戻って来ないと損だ」

「保険なんて、安くないと損だよ」

「少しくらい戻ってこないと損かな」

…などなど、みんな、いろんな考え方を持っています

だから出来るだけ、あなたが思う「損」を減らすように、何が損と思うのか明確にすることで、しっかり検討して、生命保険を「選ぶ」こと

それが可能になり、「損」を減らすことが出来ます

生命保険が損など、ぼやけたものでなく

具体的に、生命保険のどういう所が、あなたが思う「損」なのか明確にすることです

それこそが、あなたが感じる「損」なのですから

あわせて読みたい

生命保険の見直し相談

生命保険の見直し相談で気をつけること

生命保険を見直す為に

当たり前のようで、なかなか出来ていないこと

ガン保険の通院給付金

ガン保険に通院給付金は必須?

生命保険の見積もり

生命保険の見積もりは間違いだらけ!?