女性の生命保険

女性の生命保険を考える

女性の生命保険・医療保険と考えた事は、あるでしょうか

性別に関係なく、必要なものではありますが、働き盛りの男性(お父さん)と比べると軽視されがちです

大切なことなのでしっかり考えていきましょう

特に医療保険

女性の社会進出も増えて、安定した収入を得る方もいるでしょう

入院費用であれば、健康保険(保険証を使う)で何とかなる様に国の制度があります

入院の保障である医療保険は、入院時の収入の代わりとも考えることが出来ます

そんな医療保険ですが、女性だけに準備できる保障があります

女性特定疾病

乳房、子宮などに関わる病気です

男性に子宮は、有りませんので、女性だけの病気です

乳房は、男性にも有るのは有るのですが、女性のように、赤ちゃんに母乳をあげるなどの機能するものではありません

よく耳にするのが

乳がん、子宮がん、子宮筋腫…などでしょう

女性特有の病気は、発症率も高く、誰もがなりうる病気と言えると思います

女性向けの特約

そのままなのですが、女性特定疾病特約というものがあります

医療保険に付加する特約なのですが、女性特有の病気に対して保障しますというものです

全ての病気に備えて保障を厚くするのではなく、女性特有の病気に手厚くする事で、掛け金を抑えることも出来るわけです

男性には無い特約ですので、女性であれば付けておきたいものです

女性疾病特約の有無

女性特定疾病特約を付けておいたほうが良いと言っているわけでは、ありません

女性特定疾病だけでなく、他の病気やケガに対する保障を手厚くしたいのであれば、すべての保障を手厚くするのですから、女性特定疾病にこだわる必要は有りません

広く病気やケガをカバーできる方が安心ならば、入院給付金や手術給付金を手厚くしましょう

女性特定疾病だけでもと言うのであれば、女性特定疾病特約を付けるといいでしょう

女性の為の生命保険

ご家族がいて、一家の大黒柱としてバリバリ仕事されている女性も居ると思います

そんな方には、家族を守るための生命保険、生活費の保障が必要でしょう

ただ、出産は、女性にしか出来ませんし、その出産に関わる病気が、女性特定疾病でしょう

例えば、医療保険の入院給付金 日額 5,000円 を 日額 10,000円 にすると、単純に倍の掛け金になるでしょう

ですが、女性特定疾病特約であれば、倍の掛け金にはなりませんし、女性特有の病気を保障してくれます

男性にはない、女性のための生命保険は、医療保険の女性特定疾病の保障でしょう

上手に活用していきたいですね

あわせて読みたい

がん保険って必要なのか?

保険会社から入る保険で一番役に立つかもしれない

掛け捨て保険って

掛け捨て保険って名前がね...

貯蓄性の有無

貯蓄型の生命保険は良いのか?

生命保険の終身タイプ

保険期間が一生涯の生命保険