保険料の払込回数

払い込み回数について

月払

月に一度、ひと月分を保険料を支払います

みんなで少しずつお金を集めて、困った誰かの為に使うので、生命保険は、コレが本来の意味なのかなと思ったりします

半年払

半年に一度、半年分の保険料を支払います

月払より、少し保険料がお得になります

年払

一年に一度、一年分の保険料を支払います

月払・半年払いより、保険料がお得になります

一時払

保険料を一括して支払う方法

月払・半年払い・年払いより、保険料がお得になります
一括で支払うのだから当然といえば当然です

前納

まだ払い込み期日が来ていない将来の保険料の一部または全部を、あらかじめ生命保険会社に預けておき、払い込み期日が来たら保険料に充当していく方法。

一時払いは、生命保険商品の保険料として、すべて支払いますが、前納は、生命保険会社に預けている様なイメージです

例)
年払での契約で10年間の場合なら、最初にまとめて支払います。

ここまでは、一時払いと同じ

支払って入るものの、保険商品にお金を払った訳ではありません

最初の一年分だけ保険商品に充てて、残りの9年分を保険会社に預けています。

何か、ややこしいですね(笑)

※ポイント!
各保険会社で割引率は、異なるでしょう
保険料も、何かしらの商品などを、まとめて購入する時と同じです。

「まとめて買うから安くしてよ~」が方法としてあるんです。

まとめて支払うことで保険料の割引を受けることが出来ます。

難しい、わからない、もう嫌だ。ではなく、ちゃんと生命保険と向き合えば、家計に優しい事も出来ます。

あわせて読みたい

健康告知の重要性

生命保険の保険契約には、告知が必要

契約転換制度

生命保険の下取りみたいなもの

生命保険証券

保険の見直しは、生命保険証券の確認が重要

解約返戻金

契約が解約された場合などに、契約者に払い戻されるお金の事