生命保険の見積もり

見積もり

何か大きな買い物をする時など、おおよその、支払いの予測を立てる時に、見積もりを依頼します

同じようなモノであれば、複数の見積もりを比較検討するかもしれません…相見積もりです

例えば、自動車などが良い例かもしれませんね

同じ車でも、お店によっては価格が違います

利益の金額が違うでしょうし、仕入れの金額も違うでしょう

生命保険ではどうなのか

ハッキリ言っておきます

全く同じ保障であれば、相見積もりしても同じでしょう

というのが、答えです

いや金額が違う?

それは、保障内容が違うか、保険会社が違うか、などでしょう

自動車で言えば、軽自動車か、普通自動車か、トヨタかホンダか等の違いです

モノが違えば、金額は明らかに違ってきます

自動車の場合は、実際に触れて、乗って使うので良いですが、

生命保険は、そうはいきません

基本的に、生命保険の保険料(掛け金)は、決まっています

会社の営業所や営業員では、どうにも出来ないでしょう

保険会社Aから加入しようとも、保険代理店Bから加入しようとも、同じ保険商品で、全く同じ保障内容であれば、保険料は同じです

生命保険の見積もり

生命保険に限って言えば、見積もりと言う概念は捨てたほうが良いような気がします

全く同じ保険商品で全く同じ保障内容であれば、保険料が変わらないのだから…

保険料を比較して、生命保険を決めることが、大きな間違い

もちろん、生命保険に掛ける予算は、それぞれあると思います

しかし、その中で準備するのであれば、必要な保障を切り捨てる必要が出てくるでしょう

生命保険に立てる予算など、他のものに比べると金額が低くなるでしょう

出来るだけ安く済ませたいのが生命保険です

ですから、金額が違うということは、自動車で言えば、軽自動車と、大型自動車や高級車を比較しているという事もありえるのです

軽自動車と高級車では、どちらが安いかなど言わなくても分かりますね

ただ、生命保険に関しては、このような比較の仕方が多いです

安く済ませたいのであれば、軽自動車同士などの同等のもので、比較する必要があるのです

保障内容を、しっかり比較すること

ここが出来ていないと、見積もりにもなりません

保険会社Aと保険会社Bの、医療保険を比較するならば、保障内容を同等のものにして、比較しなければ、意味が無いのです

例えば、

・Aが入院日額 10,000円 で掛け金 2,000円

・Bが入院日額 5,000円 で掛け金 1,500円

だとすると、単純に掛け金が安い 1,500円にしますかと言うことです

どう考えても、おかしい話になります

保障うんぬんより、安い方がいいと言うのであれば良いのですが

私なら、上記の例であれば、Aの入院日額を 5,000円にして掛け金を、1,000円にします
(掛け金が1,000円になるかは、分かりませんが、同程度の保障内容にして比較します。と言うことです)

どうすればよいのか

生命保険は、全く同じモノでの見積もりは、掛け金だけでの比較は、全くもって意味が無いということです

同程度の保障内容で、各保険会社の生命保険商品を比較する事が必要です

その中で、妥協できる保障内容、譲れない保障内容を決めた上で、掛け金を比較すること

これが、生命保険の見積もり・相見積もりです

自分自身のことです

見えないから、難しいから、安いから、ではなく

だからこそ、しっかり考える必要があるのです

保険屋、保険会社のために、生命保険に加入するのではありません

自分自身のために、そして大切な人のために加入するのです

金額だけの見積もりでなく、保障内容の見積もりを行いましょう

あわせて読みたい

独身者の生命保険

独身でも生命保険に加入しておくべき

生命保険も通販で加入

生命保険も通販で加入していいのか

生命保険の更新

生命保険の更新について

病気をしても入れる保険

過去に病気をしていたとしても生命保険は加入できる