一家の大黒柱として

生命保険というメッセージ

生命保険というものは、なんとも分かりづらいものです。

難しいから、契約する時が押し売りみたいだから…みんなに嫌われます。

だけど、使ったことある方は、その生命保険に込められたメッセージをよく知っています。

使ったこと無い方は、生命保険を使うという意味を想像してみてください、考えてみてください。

そこに、生命保険に加入する意味があります

生命保険があなたの代わり

家族が生活していくために、子どもの教育を受けさせるために

何でもない、何の足しにもならない様な、掛け金の支払いが、

特に、気に留めることのなかった、邪魔で仕方なかった生命保険が、

あなたの代わりとなって、大切な人の人生を、支えてくれます

もしもの時に

こんな事が出来るのは、生命保険だけです

頑張れを込めて

生命保険を使う時は、もう話すことは出来ません。

でも、奥さん、お子さん、家族に込めて、頑張れを込めたメッセージ

ココロのなかで、ずっと響き続ける大切なメッセージ

このメッセージが、家族を支えてくれます
子どもは、その意味を知って、たくましく成長してくれます
奥さんは、これまで通り、良いお母さんを続ける事が出来ます

大切な人に頑張れを込めて、大切な人生を支える。

このメッセージを伝える為に、生命保険に入るのです

あわせて読みたい

代理店か直販か

生命保険会社から直に入る場合と代理店から入る場合の違い

生命保険の終身タイプ

保険期間が一生涯の生命保険

生命保険も通販で加入

生命保険も通販で加入していいのか

がん保険って必要なのか?

保険会社から入る保険で一番役に立つかもしれない