がん保険って必要なのか?

がん保険

いろいろな保険会社が、いろいろな種類の商品を出しています

結局、生命保険って、どこの保険会社に加入しようが、あまり変わらないと思ってしまいますね

ガン保険なんか必要なのか

…と思った事ありませんか

しかし、そんな、がん保険に関してこそ、少し慎重に選ぶべきです

今や、2人に1人が癌を患い、3人~4人に1人が癌で亡くなるのです

誰もが、発症する可能性のある病気です

ただし、医療技術も進歩しています、ガンが完治する時代が来るかもしれません

まだまだ、健康保険の適用範囲内で治療が難しく、しっかりとした治療を受けるには自費で、たくさんお金が掛かるのも事実

がんを患った場合、入院・手術後の身体と、特に心のケアをしっかりしたい

そう思うものです

だからこそ、がん保険をしっかり選び備えるべきです

ガン保険を使ったら

ガン保険は、名前の通りですが、がんに対しての給付金が受け取れる保険です

ちょっと視点を変えて、加入する時でなく、ガン保険の給付金を受け取った時や、その後を考えてしてみましょう

まず、がん保険の給付金を受け取ったとすると、基本的に、新しく他の生命保険の加入が出来ない事になります

現在、持っている生命保険が全てになるということです

それの内容に不満があり、保障を減らすことは出来たとしても、増やすことは出来ません

という事は、減らすことも悩んでしまいます

(病気をしても加入できる生命保険も出てきてはいますが、現在持っている保険と比較すると、掛け金が相当に高くなるでしょう)

ガン保険は、もったいないと思ってしまいがちです

ガン保険に限らず、生命保険全般、不幸が起こらず済んでいる場合は、掛け金を払っている「損得勘定だけ」で言えば、基本的に損です

本来、損とか得とか無いんでしょうけど

それでも生命保険に入るのは、「もしも」という不安を取り除く為という理由があるからでしょう

医療保険やガン保険

入院や手術で受け取る給付金には、税金は掛かりません

そして、給付金を受取るのは、被保険者です

生命保険(死亡に対しての保険)は、生命保険金受取人が受け取ります
入院給付金などにかんしては、病気やケガをして入院・手術などをした被保険者本人が受け取るようになります

だから、医療保険・ガン保険に加入していれば、お金のことを心配せず、治療に専念できます

もうひとつ手厚く

もし、癌になった場合、その後を考えて、ガン保険は、出来る範囲で、もうひとつだけ手厚く準備しましょう

症状にもよりますが、入院、手術、その後の通院、放射線治療、抗がん剤治療…

そして、健康に気を使うようになります

カラダにやさしい食べ物や飲み物を選ぶようになります

治療の費用は、もちろん。その後の不安を払拭するための、お金が必要になります

万一の時の生命保険は、自分以外の家族の為のものですが、ガン保険は、自分(被保険者)自身にとって、経済的・精神的に、本当に役に立つものです

自分の身体と心をケアする為の、経済的な準備に一番効果的なのが、ガン保険なのです

実際に加入する時の為に、ガン保険に入るならで、いろいろ書いてます

あわせて読みたい

生命保険も通販で加入

生命保険も通販で加入していいのか

独身者の生命保険

独身でも生命保険に加入しておくべき

生命保険の損とは何か?

なぜ生命保険は損だと思うのか

貯蓄性の有無

貯蓄型の生命保険は良いのか?